防音 / 防音工事 / 防音室  レコーディングスタジオ・リハーサルスタジオ

レコーディングスタジオとリハーサルスタジオ



レコーディングスタジオやリハーサルスタジオを作る際に、重要なポイント・・・

近隣、外部への音漏れ、近接部に振動が伝わらないこと
外部からの騒音が聞こえず、レコーディングに最適であること
反射音、残響音など、室内音響を最適に保つこと






定 義


スタジオにおけ室内騒音の代表的なものとしては、遮音性能は勿論のこと
空調機等の設備騒音と、外から入ってくる騒音が上げられます。

騒音の表示は、L.L.Beranek(ベラネック)氏が、耳に感ずる音の大きさと会話に対する
騒音の妨害程度を研究して、騒音の許容値を周波数分析の結果、数値で表せるようにした
NC値(騒音評価値)を使うのが一般的です。

NC値はNC曲線より求めますが、例えば、各帯域の騒音レベルがすべてNC-30の
基準曲線より小さい時のNC値がNC-30となります。



室内騒音について

外部からの騒音や内部施設騒音が、よりよい防音室空間の環境を左右します。
内部の設備騒音を示す値として、 「NC値」で評価します。
室内騒音は、外部(施向上所)の事前調査を踏まえ、レコーディングスタジオなら
NC-15〜20を目標にする必要があります。



室内騒音は、外部(施工場所)の事前調査を踏まえ、レコーディングスタジオなら
NC-15 を目標にする必要があります。

レコーディングスタジオやリハーサルスタジオは、楽器練習室などの防音工事よりも
室内騒音遮音性能を考慮する事になります。

【室用途による室内騒音の許容NC値】

レコーディングスタジオ NC-15
テレビスタジオ NC-20〜25
コンサートホール NC-15以下
多目的ホール NC-15〜20
劇場 NC-20〜25
オペラハウス NC-20〜25
教会、礼拝堂 NC-20〜25
多目的イベントスペース NC-35〜40


スタジオ等に要求される室の静けさとしては、NC-15 〜 25 ですが
近年録音系の低ノイズ化も進み、空調機器の消音技術も向上していることなどから
M.A.F.(Minimum Audiable Sound Field:最小可聴閾)に近い静けさが求められる傾向があります。










防音工事.comは、防音工事の専門サイトです。
防音・防音工事・防音室、 商用・プロ仕様のリハーサルスタジオ・レコーディングスタジオの事なら
お気軽にご相談ください。

Copyright(C) 2010 防音工事.com All Rights Reserved.